事前の準備で便利に利用できた不動産売却サービス。

相続した不動産を最初に売却した時は失敗

私が不動産売却を検討したきっかけは両親から相続した不動産の管理が面倒でいくつかの不動産がありましたが、最初に利用した会社は大手の誰でも一度は耳にしたことのある会社でした。
しかし当時は売却に関する知識も浅かったことから手数料などの諸経費が予想以上に高くなり、思ったよりも低い金額での売却となったこともあり手数料の高さを実感してとても後悔しました。
そこで残りの物件は事前の準備や知識を得るなどしっかりと勉強し売却をすることにしました。
まずはじめにおこなったことは物件の査定に関する勉強で、以前のように会社の言い値ではなくしっかりと自分なりに調査をすることにしました。

以前失敗した例として査定価格が思ったよりも高かったこともあり、提示金額に魅力を感じてすぐに契約しそのまま売り出し価格を設定しなかなか売れなかったことです。
その教訓から利用会社から査定価格を提示されたのちに自分なりにその地域の相場を調べることにし、地元の不動産などを回り相場の価格を知ることにしました。
その後再度利用会社との売り出し価格の設定を話合うことにし、同時にその時にしっかり手数料の確認をしました。
また話し合いの場ではインターネットの情報サイトの価格などを提示しながら話し合い交渉をおこないとても役に立つツールでした。

相続した不動産を最初に売却した時は失敗 | 以降はしっかり勉強し慎重に不動産会社も選択 | スムーズに不動産を売却することができます  | 希望価格で売却できサービスを利用して良かった